カビライズム

カビライズム

人生をより豊かにする根本的な原因の考え方

スポンサーリンク

f:id:cabira:20190905132433p:plain

 

何か問題が起きた時そこには必ず原因があります。

あなたはその原因を徹底的に探しますか。

それとも流して切り替えますか。

 

人生って悩みの連続だったりますよね。

大きい悩みから小さい悩みまで人それぞれ何かしら抱えてるはずです。

 

・お金がない

・仕事が大変

・人間関係に疲れる

 

考えだすとどんどんでてきますね。

 

悩みについてどう考えますか。

この問題は自分にも原因があるかもしれない。

あの人が原因でこうなった。

 

あなたは他人のせいにしがちですか。

それとも一度自分で受け止めて考えますか。

 

どっちが良い悪いはありませんが一度自分に受け止めて考える方が成長します。

 

自分も最初は人のせいにしてました。

でもある人がきっかけで自分にも原因がないかを考えるようになりました。

 

自然と人間関係も良くなり、今まで悩んでいたようなことがすぐ解決できるようになりました。

 

根本的な原因を見つけるのが重要

 

根本的な原因について例を出しますので一緒に考えていきましょう。

 

 

  

 

根本的な原因の見つけ方

f:id:cabira:20190905132458j:plain

 

根本的な原因とはなにか。

見つけるのが難しい人も多いと思います。

 

掘り下げて考えられる人はすぐにわかりますが全員がそうではありません。

 

具体的な例や自分の実体験を元に問題の根本的な考え方をお伝えします。

 

 

 

会社が悪い

なんでも会社の責任にする人いますよね。

問題や都合が悪くなるとすぐ会社のせい。

 

・給料が低いのは会社のせい

・休みが取れないのは会社のせい

・人間関係が悪いのは会社のせい

 

 

確かに会社のせきにんもあるとおもいます。

ただ自分はそれに見合った行動をしたのかという事も忘れてはいけませんよね。

 

求人票を見て会社を選んだのは自分です。

入社して募集要項と全然違うのはまた違う話です。

 

 

 

給料が安い

これに関しては会社が儲かってないとなかなか給料は上がりません。

大企業は年功序列です。

 

若手の給料は歳をとらないと増えていきません。

今まで終身雇用が普通だったので、社会的な仕組み上仕方のないことなんです。

 

若手で給料を上げたい人はこれしかないです。

 

1.会社に利益を出して結果を残す

2.副業や投資で稼ぐ

3.給料が高いところに転職する

 

 

あくまでも給料というワードをベースにした考え方になります。

 

会社が儲かってないに給料は上がるわけないので目に見える結果を出し続けるしかありません。

 

給料を早く上げたい人は給料の高い会社に転職。

これが対策になります。

 

自分で一度受け止めて原因を考えると自分にもできる課題が見つかりますよね。

 

 

社内の人間関係に難あり

社内に1人くらい嫌いもしくは避けてしまう人がいるかもしれません。

逆に嫌われていたり、避けられたりすることも。

 

自分はお客さんに苦手な人がいます。

誰でもウマが合わない人っているはず。

人間ですからね。

 

自分の意見を上司や先輩がわかってくれない。

こんな事も会社なのでよくあります。

 

原因は自分にあると考えてみるとどうか。

自分がうまく伝えられていないかもしれない。

 

・付き合い方を変えてみる

・うまく伝える仕組みをつくる

・腹を割って話してみる

 

原因を自分に置き換えるといろんな課題が見つかります。

全て人のせいにしてしまうとそこで終わりです。

 

まずは自分に原因はないか探してみましょう。

 

 

 

交際している相手が悪い

お付き合いしてると喧嘩するかもありますね。

お互いの意見をぶつけ合って時には別れてしまうこともある。

 

お互いギクシャクしていてもせっかく付き合っているのに楽しくないですよね。

 

相手が全然わかってくれないと言う前に原因は自分にないのか考えてみましょう。

 

・自分の態度を変えてみる

・相手に伝わるまで話す

・折り合いをつける

  

交際相手として選んだのは自分です。

 

付き合って話してみたけどどうしても合わなかった場合は縁を切るのも仕方ありません。

 

なんでも相手が悪いと決めつけずにまずは相手の気持ちを考えてみるのも喧嘩をなくす秘訣です。

 

お互いの課題が見つかれば直そうと努力しますよね。

 

 

原因は自分にあるという考え方

f:id:cabira:20190905132515j:plain

 

根本的な原因を探るのに一度自分の胸に手を当ててみることが大事なのがわかったと思います。

 

原因は自分の考え方で良い点

・物事を多角的に考えられる

・課題が見つかる

・相手の感情がわかる

・柔軟性が身につく

 

 

自分の原因を探すことで課題が見つかるのが大きいです。

あとは物事を多角的に考えられるようになるので実生活や仕事でも役立ちます。

 

そして根本的な原因がわかり解決策や対策を練ることができます。

 

 

自分に原因があると思うのはダメな人

自分に原因があるという考え方は良い悪いと考えがちですが違います。

 

あくまでも冷静に原因を認識するための手段になります。

それについて良い悪いもありません。

 

何でもかんでも自分に原因があると思ってはダメです。

 

ブラック企業につとめてる

・上司のパワハラがひどい

・暴力などを受けている

 

あくまでも自分の原因を認識する手段なので相手を簡単に変えられるとは思ってはいけません。

 

自分に原因があるからブラック企業かで頑張るや、上司のパワハラや暴力にもニコニコ対応する等そんな事は絶対にダメです。

 

自分が苦しくて壊れてしまうような考え方をしてはいけません。

 

あくまでも手段なので冷静に判断してください。

 

 

 

まとめ

根本的な原因の考え方いかがでしたか。

根っこの部分に近づくとよりわかりやすい課題が見えてきます。

 

何度も言うように自分に原因があると考えるのは手段であり、良い悪いはありません。

 

人のせいにしていてはそこで思考停止

 

思考停止していては成長はありません。

相手の気持ちになって考える。

どの分野でも使えます。

 

問題が発生して原因を探すときはまず自分が受け止めてみる。

この考え方おすすめですよ。

 

 

おすすめ記事

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com