カビライズム

カビライズム

スーパーのレジ打ちで苦労した体験

スポンサーリンク

f:id:cabira:20190724215902p:plain

自分は高校生の時、部活の休みを利用して1ヶ月だけスーパーでアルバイトをしていました。

初めてのアルバイトです。

 

地元では一番大きいスーパーでどの時間帯でもお客さんは結構います。

 

自分の担当はレジ打ち商品棚の整理です。

レジ打ちというのを初めて経験したんですが、最初は遅くて全然うまくいきませんでした。

 

1ヶ月しか経験しなかった自分ですが、レジ打ちの難しさや大変さを知ることができたので皆さんにもお教えします。

 

これからアルバイトを始める人は参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

長蛇の列に戸惑う

f:id:cabira:20190724215925j:plain

これは絶対に誰もが一度は経験します。

新人にとって行列は恐怖でしかありません。

特にお昼時と夕方は激混みです。

 

・お客さんを待たせてしまう不安

・レジの打ち間違いの不安

・お釣りの受け渡しなどの不安

 

 

最初はたくさんの不安と闘います。

経験を積まないことには、絶対に慣れないので最初は嫌でも向き合いましょう。

 

 

 

レジを打ち間違える

これも最初は仕方ありません。

隣の数字をおしたり、商品が二重で打たれていたりと様々な間違いが起きます。

 

スーパーの場合、お惣菜や野菜などが値段で表示されていて物価等でその日の値段が変わっている場合があります。

 

レジであのある

・全て1000円札で返す申し訳なさ

・バーコードの手打ち

・気づくと長蛇の列

・袋を必要以上に欲しがるお客さん

 

レジ打ちは結構覚えることが有り混乱します。

まずは時間がかかっても良いので、ゆっくり慎重に取り組んでください。

 

焦ってスピードをあげるのはミスにつながります。

お客さんも初心者だとわかっているのでゆっくりでも大丈夫です。

 

また、バーコードスキャンができない場合は手打ちです。

あの数字の羅列を手際よく打つのは新人には大変なんです。

みんな分かってます。

 

ゆっくり慎重に。

 

 

 

他にもいろんな大変なことやあるあるをご紹介

f:id:cabira:20190724215944j:plain

上記に大変だったレジ打ちの経験を書きました。

他にもお客さんトラブルポイントカードなど様々なあるあるがあります。

1ヶ月だけでもいろいろ経験できたのでご紹介します。

 

決済完了後にポイントカードが見つかる

このパターンは結構ありました。

ポイントカードを忘れたと言われたのでレシートを渡したら、ポイントカードが出てくるパターン。

 

これはサービスカウンターに行ってもらうしかありません。

よくあるので順次対応しましょう。

 

 

全然時間が進まない

暇な時間帯が当然あります。

ただお客さんを待つ時間は、本当に時が経つのが遅く感じます。

30分ってこんなに長いのかと思います。

 

ただ待つだけでなく動作の練習や野菜の値段を覚えたりと時間を有効に使いましょう。

ある程度できるようになると、暇な待ち時間になります。

 

 

電話・イヤホンをしながら来る人

合計金額を伝えても『え!?』と言われます。

箸とスプーンどちらをつけるか聞いても『え!?』と言われます。

 

イヤホンをしている人は音楽を聴いているのか全然外しません。

会計完了後に箸を2本欲しかったとレジまで戻ってきます。

 

自分は気にしてませんでしたが、隣でレジ打ちをしていたおばさまはとてもイライラしていましたね。

 

自分がされて嫌なことはやめましょう。

 

 

お腹空いている時のお弁当

空腹時にお弁当がレジに来ると、急激にお腹がすくので注意が必要です。

お昼時は混雑時なので、アルバイトは13時30分ぐらいから昼食です。

当時高校生だった自分には魔の時間帯でした。

 

 

まとめ

いかがでしたか。

スーパーのレジ打ちも実はなかなか大変なんです。

 

最終金額が合わないときは残業確定です。

 お金が合わない場合はスーパー内を探します。

 

全てゆっくり慎重に任務を遂行すれば問題なくできます。

最初がなんだって難しい。

 

初めてやってみることに意味があります。

もう何年も経ってますが、きっと今やってもできます。

 

いろんなことを体験して自分の力にしましょうね。

 

 

おすすめ記事

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com