カビライズム

カビライズム

若者こそ経験(価値)にお金を使うべき理由

スポンサーリンク

f:id:cabira:20191016071432p:plain

 

あなたはお金の使い方について考えたことはありますか。

お金といっても様々な使い方がありますよね。

そして種類もたくさんあります。

 

若いうちはお金使っていろいろ経験しろ!

 

あなたも一度は聞いたことあると思います。

自分は若い頃に上司から言われた言葉です。

 

自分も年齢が若い時に経験を積むことは大事だと思っています。

でもお金の使い方って誰も教えてくれませんよね。

 

正解がないので教えられないのが理由でしょう。

 

若いうちにお金の使い方を理解することで、後々の生活難易度が下がるというのは,

みなさんその通りと思うはずです。

 

今回は若者の金の使い方について書こうと思います。

あくまでも自分の考え方なので正解はありません。

 

ただあなたの選択肢が1つでも増えると良いなと思いで書きます。

また、経験は人的資産価値をあげるという記事を以前書いてます。

今回の内容にも関わってくる内容です。

 

合わせてお読みください。

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

 

 

若い頃の自分のお金の使い方

f:id:cabira:20191016071456j:plain

 

あなたは普段お金を使うとき何か考えていますか。

何も考え無しに良いと思った物をすぐ手に入れてませんか。

 

目的がありの商品を購入するのであれば正しいお金の使い方だと思います。

給料が入ってきた時、嬉しくなりついつい無駄遣いしていませんか。

 

・いつか使うかもしれない

・なんとなく買ってしまう

・買ったけど使わずに放置

・安いからと必要無いけど購入

 

こんな無駄遣いしていませんか。

給料入ってくるとついつい使ってしまいます。

 

買った後に無駄遣い気づくことも多いはずです。

 

お金って無くなって気づくことが多いですよね。

その経験も若いうちに必要なことなのかもしれません。

 

このお金の使い方は本当に無駄だったと今では痛感しています。

今ではいろんな経験にお金を使うようになりました。

 

 

 

若い頃ほど貯金がおすすめ

自分が就職したてから1年間はほとんど貯金ができませんでした。

いつも給料を使い切ってしまう生活です。

 

・家賃が高い

・光熱費も気にしない

・飲み代でお金が消える

・服を好きなだけ買う

 

 

お金には無頓着でした。

貰えるだけ使うので貯金のやり方がわかりませんでした。

 

若い頃の貯金って難しくありませんでしたか。

貯金をしないと精神的にも安心しません。

 

次の月の生活のために働くだけになってしまいます。

 

これではダメだと気づき少しずつ貯金しました。

貯金ってお金が貯まっていくと楽しくなりますよね。

 

若い人ほどまずはキャッシュを貯めましょう。

キャッシュがないと精神を安定してチャレンジできません。

 

まずは貯金からスタートしましょう。

 

 

 

お金を貯める法則

貯金するのに必ず意識しなければいけないポイントがあります。

このポイントだけ抑えれば勝手に貯まります。

 

給料=収入>支出

 

これだけを意識してください。

このポイントが崩れたら絶対に貯金はできません。

 

支出が多い人は生活を見直す必要があります。

 

・家賃の見直し

・携帯料金の見直し

・食費の見直し

・保険の見直し

 

 

この4つを見直せば支出がかなり減ります。

特に固定費の削減はおすすめです。

 

あとは食費ですね。

薄給料なのに毎食外食していたら絶対にお金は貯まりません。

 

上記のポイントだけを意識するだけで絶対にお金はたまるので収入より支出の方が多くなっている人は見直し必須です。

 

自分で生活難易度をあげるのは辞めましょう。

 

 

 

経験に金を使うとは

f:id:cabira:20191016071522j:plain

 

キャッシュがある程度できたら何かに挑戦するのも良いことです。

経験値が貯まればそれは人的資産価値が増えたことになります。

 

新たな知識を付け体験してみる。

 

これは人生において大きな価値になってきます。

新たな自分を見つけられるかもしれません。

 

お金を貯めるだけではあまり意味がありません。

お金はツールなので有効に使いましょう。

 

経験にお金を使うことでお金の使い方が上手になります。

 

 

価格ではなく価値を買う

あなたは何かにお金を使うときに価格を意識しませんか。

自分も当然価格を意識してお金を支払っています。

 

あなたはその価格に対して価値を意識しますか。

自分は価格よりも価値の高い方に優先してお金を使います。

 

重要なのは価格ではなく価値

 

その価格でどれだけの価値が見出せるか。

これを買う前に考えることで余計な出費は抑えられます。

 

費用対効果ということがありますよね。

消費以上に大きな効果(価値)があるとうことです。

 

若者ほどこの価値に目を向けてみましょう。

 

自分が読んだ本の中で価値についての本質が書かれていた物を紹介します。

この本は売る側の目線で価値について書かれています。

 

商品を買う前に売る側の目線に立ったことありますか。

この視野を身に着けることで無駄遣いが本当になくなるのでおすすめです。

 

 

人的資産価値を高めよう

人的資産価値とは自分の価値を表します。

自分の価値は自分の目線相手の目線で違ってきます。

 

・経験値

・人脈

・人柄

・健康

 

 

他にもいろんな面で自分価値が決まります。

1つずつレベルを上げていくことで他人目線での自分の価値が高まっていきます。

 

自分に何かを教えて欲しいという人が出てきたらその時点で以前の自分よりも人的資産価値が高くなったと理解できるはず。

 

人的資産価値を早く高めたい人は自分にお金を投資することです。

具体的な方法は以前記事にしていますので合わせてお読みください。

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

 

 

まとめ

若者こそ経験(価値)にお金を使う理由がわかりましたか。

経験にお金を使うことで自分の価値を高めましょう。

 

・知らないことの知識がつく

・初めてを体験してみる

 

 

これだけであなたは成長できます。

自分をアップデートすることで、その知識が欲しい人にどんどん発信することができます。

 

人に教えられるということはそれだけで価値がある。

 

この記事のポイントをおさらいします。

・給料=収入>支出のバランス

・価格より価値を考える

・経験は自分の価値を高める

 

 

お金の使い方が上手になればお金は自然と貯まるようになります。

若いうちにその使い方を意識してみましょう。

 

今の自分も将来の自分も大事ですからね。

 

 

おすすめ記事

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com