カビライズム

カビライズム

貯金できない人が利用する2つのサービス

スポンサーリンク

f:id:cabira:20191205152549p:plain

 

「全然お金が貯まらない」

「知らないうちにお金が減る」

 

貯金ができない人がハマったしまっている罠があります。

この罠に1度でもハマると抜け出すのは難しい。

 

貯金したい人は絶対に近づいてはいけない。

そして貯金できない人はそのサービスを利用してしまっている。

 

要は貯金する環境を壊してしまっています。

 

今回は貯金できない人が利用してしまうサービスについての紹介です。

逆に言えば、このサービスを利用していなければ貯金できる環境にあります。

 

 

・カードローン

・リボ払い

 

この2つのサービスが貯金できる環境を壊しています。

借りた先にどれだけの損があるのか考えていますか。

 

具体的な数字を出して解説します。

 

また、「誰でも貯まる貯金の方法」について以前記事にしています、

あわせてお読み下さい。

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

 

貯金するなら絶対に手を出してはいけないサービス

貯金するにも環境が大事です。

環境が悪いところで貯金しても無謀だし、成果が出にくい。

 

貯金ができないと言っている人たちが利用しているサービス

 

カードローンリボ払い

 

聞いたことがある人も絶対にいますよね。

貯金したい人は絶対に手を出してはいけません。

 

なぜなら金利が高すぎるから

 

 

金利とは

借入した金額に対して支払う利息のこと

金利が10%のところで100万円を2年返済で借りたら約110万円返すことになります。

 

つまり10万円が借りた利息になります。

正確には返済した元金に対して10%なので毎月支払う利息額は安くなる。

 

普通に購入できる金額より10%増しで支払っていたらお金は貯まりません。

これが貯金できない環境です。

 

カードローンとリボ払いについて解説します。

 

 

 

貯金したい人はカードローンに手を出すな

カードローンって凄まじい金利なんです。

金利10%以上って相当高いと思ってください。

 

金利感覚のない人が借りてしまう傾向にあります。

 

具体的な数字を出すためにSMBCの借入利率の資料を参照します。

f:id:cabira:20191205145442p:plain

 

100万円以下は年12〜14,5%

1年間でこれだけの利息が取られます。

 

では実際に100万円で12ヶ月返済するときの利息をみましょう。

 

 

カードローンを返済する金額と期間

 

f:id:cabira:20191205145547p:plain

 

SMBCのシュミレーション

カードローン 毎月返済額シミュレーション : 三井住友銀行

 

カードローンの利用例

・借入金額:100万円

・返済月数:12ヶ月

・借入金利(年利):14.5%

 

 

この条件で見てみましょう。

 

f:id:cabira:20191205145811p:plain

 

これが1年間で完済する為のシュミレーションです。

利息は約8万円です。

 

毎月約9万円の返済は結構厳しいですよね。

もし24ヶ月払いにすると利息は約15万円になります。

 

2年間で15万円の損失になります。

この期間で完済できたってことは毎月6,250円お金を貯め損ねたことになります。

 

これではお金は貯まらない

 

次はリボ払いについてみていきましょう。

 

 

 

貯金したい人はリボ払いに手を出すな

リボ払いっはカードローン同様に利用者が多いです。

自分の友人もクレジットカードを利用してリボ払いに設定している人が多い。

 

「毎月返済が固定だからいい」

「大金を均すから返済がラク

 

 

こんな軽い気持ちでリボ払いをしている人が実際たくさんいるようでね。

 

実際にどれだけ手数料をとられているか気にしたことありますか。

 

リボ払いって簡単にできますが、実際にどれだけ多く払っているのか。

計算しましょう。

 

 

リボ払いの利用期間と返済額

今回は楽天カードでのリボ払いを参考にします。

楽天カード: ショッピングリボ払い返済シミュレーション

 

f:id:cabira:20191205152614p:plain

 

リボ払いの利用例

・ご利用予定金額:50万円

・月々の支払い(元金):1万円

 

 

50万円をリボ払いに設定します。

月々の元金の支払いは1万円に設定

 

50万円借りた内の1万円を支払う設定をしたことになる。

返済する1万円に利息(手数料)が乗っかり返済することになります。

 

 

f:id:cabira:20191205153053p:plain

 

毎月1万円元金に対して初月の手数料は6,250円です。

6,250円が手数料

 

元金の半分以上が手数料ってどう思いますか。

高すぎると思いませんか。

 

これがリボ払いです。

 

でも1回で50万円は支払えないからリボ払いにしてします。

本当に人間の心理をうまく利用していますよね。

 

50万円借りて約16万円損して返済していることになります。

この環境で貯金をするって無謀に思えませんか。

 

 

 

 

貯金したければ無駄な借金はやめよう

一時的な欲求で借金をしてしまう人が多いです。

あなたも衝動買いなどしていませんか。

 

欲求って貯金に対しては天敵

 

欲求に勝てない人は貯金をするのが難しいです。

そんな人に覚えてもらいたいこと

 

借金は時間の前借り

 

自分が稼いだお金で返すのが借金です。

あなたの時間を労働に当てて稼ぐお金

 

つまり時間の前借りになります。

 

 

 

 

自分がこれから費やす時間が借金返済に消える。

貯金ができる人は時間の使い方も上手です。

 

まず借入はやめましょう。

今借金している人は全力で返済して貯金する環境を整えましょう。

 

 

 

まとめ:貯金できない人が利用する2つのサービス

カードローン・リボ払いの金利について理解しましたか。

貯金する上で借金は天敵です。

 

どうしても生活に困っている人は勤労者融資制度を利用しよう。

おどろくほどの超低金利で国や自治体から使途自由のお金を借りる方法 | キャッシングのまとめ

 

金利でお金を貸してくれます。

借金をするにもリテラシーを高める必要があります。

 

金利で借りられる制度をあなたは知っていましたか。

リテラシーを高め養分にされないように知識をつけましょう。

 

そしてカードローンやリボ払いなどの金利貸しには手を出さないことが貯金をする環境を作り上げる第一歩になる。

 

貯金したい人はこの2つのサービスを利用するのは辞めましょう。

 

 

 

おすすめ記事

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com