カビライズム

カビライズム

仕事を頼めるデキる営業マンとデキない営業マンの差

スポンサーリンク

f:id:cabira:20190823065140p:plain

 

あなたは仕事を依頼するとき、何を理由にその人に仕事を託していますか。

自分は相性でいつも仕事を振る人を選んでいます。

 

世の中にはデキる営業マンとデキない営業マンが存在します。

あなたはどっちに仕事を頼みま頼みますか。

 

当然、デキる営業マンに仕事を頼みますよね。

 

例えば家のリフォームなどで数社に相見積もりを依頼します。

何を基準に発注しますか。

 

・営業マンの誠意や態度

・コスト

・バリエーション

・提案力

 

 

いろいろ判断基準はあると思います。

家のリフォームも正解がひとつでは無いので数社からいろんな提案がくると思います。

 

デザイン性能耐久性納期など様々な面で自分が求めているものに注文すると思います。

 

値段が一番安いがデキない営業マンだった場合、あなたはそれでも頼みますか。

自分は絶対に頼みません。

 

リフォームをデキない営業マンに頼むと失敗します。

思っていたのと違うものが出来上がったります。

 

気に入らない場合でも仕事はしてもらった以上、お金は払わなければなりません。

 

こんな失敗をしないためにも、デキる営業マンとデキない営業マンの見分け方を教えまう。

 

 

 

 

営業マンの特徴

f:id:cabira:20190823065211j:plain

いろんな分野に営業マンがいますよね。

営業マンがいないと回らない会社もたくさんあります。

一概に営業マンといってもそれぞれ特徴があります。

 

・全ての仕事をソツなくこなす人

・提案力がある人

・コスト面でパイプがある人

・気配りのデキる人

 

 

営業マンによっては何かに突出している人も少なくありません。

自分はその人の特徴を理解していつも仕事を頼んでいます。

 

注文した営業マンが仕事のできなない人の場合、納期が遅れたり連絡いきなり取れなくなってしまいます。

 

 

 

デキる営業マンの特徴

自分は営業としていろんな人を見てきました。

大手大企業のトップ営業マンや凄腕営業マンとの交流もあり、いろんな話をしていく中で感じたデキる営業マンお特徴を教えます。

 

・約束を守る

・連絡がマメである

・レスポンスが良い

・対応力がある

・誠意が伝わる話し方をする

・圧倒的な知識で安心を与えてくれる

 

 

他にもたくさんありますが、こんなところです。

自分が一番重要視する面は「約束を守る」という点です。

 

見積もりを◯日に提出します。

平気で1週間以上遅れて提出してくる人は結構います。

 

遅れる連絡がある場合は良いのですが、連絡をしない人が大半です。

約束を守れない人は相手の時間を奪っているということを自覚してください。

 

ひとつの分野に圧倒的な知識を持っている営業マンは強いです。

その知識を生かした対応力や、コスト面だどでも協力してくれます。

 

仕事を依頼するときは、コスト重視するだけでなくその営業マンのスキルを見抜くのも完成に大きな影響を与えます。

 

 

デキない営業マンの特徴

f:id:cabira:20190823065229j:plain

 

この人仕事できないな。

こんな人とあなたは出会ったことはありますか。

自分は職業上、頻繁に出会います。

 

どんな特徴があるのか。

 

・挨拶をしない

・「明日出します」と口だけ

・レスポンスが悪い

・都合が悪いと連絡がつかなくなる

・態度やマナーが悪い

・ミスを人のせいにする

・空気が読めない

 

 

まだまだありがすがこんなことこです。

約束を平気で破る人や、平気な顔して聞いていたことと違うことをする営業マンがたくさんいるんです。

 

自分お都合が悪くなるといくら連絡しても繋がりません。

こんな人にあなたは仕事を頼めますか。

 

自分はいくらコストが安くても、そんな営業マンには絶対に仕事を任せません。

 

デキない営業マンに仕事を依頼すると自分お労力を消耗するので気をつけてください。

コスト以上に時間がかかってしまうこともあります。

 

 

会社視点で見たデキる営業マン

会社視点とお客さん視点ではデキる営業マンの枠が違います。

会社で一番重要視されるのは売り上げです。

売り上げと粗利益で会社はその営業マンを判断します。

 

会社に認められつために必要な営業スキル

・売り上げが多い

・利益率が良い

・他の社員への対応が良い

・誠実である

・最後までやり通すチカラがある

 

 

会社視点で見るとどうしても売り上げが一番にきてしまいます。

売り上げが達成している営業マンは仮にサボっていても怒られません。

 

毎日コンビニの駐車場で寝ている営業マンいますよね。

売り上げ達成しているのかはわかりませんが、余裕があるんだなと思ってしまいます。

 

自分は営業スキルを伸ばそうといろんな本を読みました。

営業マンにはおすすめの本をご紹介します。

営業マンじやない人もいろんな分野でこの考え方は役立ちます。

 

凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

 

 

 

お客さん視点で気をつけたほうが良い営業マン

人生の中で高額な買い物になる住宅・保険などは気をつけてください。

彼らは営業マンなのであの手この手を使い売ってきます。

 

つい最近はかんぽ生命がメディアに取り上げられていましたね。

 

www.sankei.com

 

彼らもサラリーマンなので売り上げ重視です。

とんでもない商品を売りつけてきたりします。

 

某注文住宅系のナンバー1営業マンと話した時は衝撃を受けましたね。

お客さんはお金だからね。

 

お客さんをお金としか見ていなく、自分の養分と思っているそう。

こんな人から高額な物を買うと自分の損失が大きくなるので気をつけてください。

 

 

 

まとめ

デキる営業マンとデキない営業マンの特徴はわかりましたか。

コストだけではなく仕事を頼む時は営業マンのスキルも大事です。

また、会社視点とお客さん視点では営業マンの見方が違います。

 

住宅系や投資マンションなどは慎重に決めてください。

営業トークが上手な人たちが集まっています。

 

自分が理想とする営業マンは、「課題に対し何パターンも想定して考え、会社と顧客がベストな選択を取れるように導く人 」

 

一生懸命さは伝わりますからね。

パターンを複数思考し、逆算で物事を考えられる人は営業向きです。

 

また、その場しのぎの営業は誰も得しないので絶対にやめましょう。

 

あなたも何かを頼む時は、価格以外にも目を向けてみましょう。



 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 


 
おすすめ記事

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com