カビライズム

カビライズム

リブラでお金の仕組みが変化!?世界政府 VS 大企業連合

スポンサーリンク

f:id:cabira:20191111113220p:plain

 

「リブラって何!?」

「耳にするけどよくわからない」

 

こんな人はまずこの記事を読んでください。

分かりやすくリブラについて解説してます。

 

Facebookが開発するリブラ(Libra)はどんな仮想通貨か - カビライズム

 

Facebookがリブラという仮想通貨を開発している。

 

今回はこのリブラが利用されることによってどんな未来になるのか。

これについて考察します。

 

この記事でわかること

・リブラ決済の未来とは

・世界がリブラを恐れている

・世界政府 VS 代企業連合

・グローバル銀行の先

 

 

いろんな目線で見ることでいろんなことが考察できます。

過去の流れを理解することである程度未来が結びつく。

 

リブラ協会の信用度からなるリブラ(Libra)

Facebookの壮大な思想がわかるはずです。

 

 

では考察していきます。

 

また、今回の記事でリブラに関係する記事を過去に書いています。

あわせて読んでください。

 

 リブラはどんな仮想通貨!?

www.cabira-izumu666.com

 

 

お金の歴史と流れ

www.cabira-izumu666.com

 

 

 

 

 

 

リブラ(Libra)利用で変わる仕組み

f:id:cabira:20191111113244j:plain

 

Facebook及びリブラ協会が開発を進める仮想通貨リブラ(Libra)

まず、リブラはどこを目指しているのか

 

それはグローバル銀行です。

 

リブラ協会は壮大な銀行を作ろうとしています。

リブラを利用することで何が具体的に変わるのか。

 

・お金の仕組みが変わる

・生活が変わる

 

 

まずはお金の仕組みが変わります。

そしてリブラを利用することで生活が変わる人もいます。

 

では具体的にどう変わるのか考察します。

 

 

 

 

お金の仕組みが変わる

リブラはFacebookやインスタグラム等で使えるだけの仮想通貨ではりません。

 

 

銀行口座を持たない人々に役立つ物として開発されてます。

国によって国民の格差が大きい地域もあります。

 

そんな人たちも銀行を通さないデジタルウォレットでお金を使うことができるようになります。

 

自国通貨の価値が安定しない国の銀行に信用はありませんよね。

リブラはそんな国民にとって信用があるはずです。

 

それはリブラの特徴を理解すれば分かります。

 

リブラの特徴

・価格の変動幅が小さい

・送金が早い

・いろんな通貨と交換可能

・個人間で送ることができる

・手数料が安い

 

 

リブラはドルや円のように価格が安定した通貨です。

1万円札が1万円の価値があるのはみんな円を信用しているから。

 

国に信用があるからです。

 

リブラは現在21社の大企業からなるリブラ協会が管理しています。

後ろには人々が国と同じように信用している企業がいます。

 

これがリブラの価値の担保になります。

 

そんなリブラを使うことでどう生活が変わるのか。

 

 

 

リブラによる生活の変化

リブラには通貨と交換できるという特徴があります。

そして先進国の通貨と同じで価格変動幅が小さい。

 

これだけで生活する上で使いやすい通過だということが分かりますよね。

 

リブラ決済のできるお店やサービスができたらどうですか。

 

出稼ぎで仕事をしている人は家族に毎月の仕送りをします。

そのお金には送金手数料がかかります。

 

リブラは送金手数料が安く、着金次第すぐに使えます。

銀行より使いやすいと思いませんか。

 

Facebookを利用すれば個人間で直接お金が送れます。

 

・どこでも便利に使える

・人に送るのも簡単

・緊急時にもすぐにお金が届く

 

 

こんな便利なものが世の中に出回ります。

円が既存にある〇〇PAYと同じぐらい利用できるようになったと仮定します。

 

あなたはリブラで受け取ったお金をわざわざ円に替えて利用しますか

 

ここが世界各国が恐れていること

 

具体的にはどういうことか説明します。

 

 

 

 

世界がなぜリブラを恐れるのか

f:id:cabira:20191111113307j:plain

 

各国各々が通貨を持っていますよね。

ユーロはまた別ですがユーロ圏では安定した通貨として利用できています。

 

日本もお札を刷ったり減らすことで価格を調整してます。

 

リブラが普及すると円の価格調整が難しくなります。

 

1万円札には1万円の価値があると思わせていた幻術が解けます。

 

 

1万円札の価値とは何か

1万円札に1万円価値があったのは銀行で1万円分のゴールドと交換することができたからなんです。

 

これが1万円札の本当の価値です。

でも今はゴールドと交換できません。

なぜなら円の発行枚数より日本が保有しているゴールド数が少ないから。

 

でも国家を信用させ、世代交代した人々がその本質を知らずに自分の息子にも教えることでこの壮大な幻術がかかっています。

 

日本銀行がお札の数を調整して円の価値を保っています。

 

 

円を利用する人が減るとどうなるか

円の調整が難しくなります。

発行した分利用してくれる人がいることで円の価値をある程度固定できます。

 

利用者がいないのに札を擦りすぎたら大変なことになることは想像できますよね。

 

価格の安定しない円を持ちたくないと思った国民はリブラにお金を変えます。

これが負のスパイラルになり何預金封鎖など起こるかもしれせん。

 

お金の仕組みが変わるかもしれない

 

これが各国で起きたらリブラは脅威になります。

各国がリブラを恐れている理由ですね。

 

 

 

世界政府 VS 大企業連合

これからの未来、5Gになることでお金の使い方も変わります。

現にキャッシュレスが普及していますね。

 

お金の在り方も物体ではなくなってきている。

テクノロジーがお金の仕組みを変えようとしています。

 

リブラ連合はグローバル銀行をつくります。

 

これが大問題になっています。

 

世界政府が作り上げたお金の仕組みに企業が風穴を開けようとしているわけです。

 

 

G20でリブラ潰しに出る各国

2019年10月18日に閉幕したG20

この会議でリブラはとんでもないものだと言われています。

 

通貨主権に関わる問題

ここが今回G20で話されたそうです。

 

今までの文章を読むだけで通貨主権に影響が出ることが分かりますよね。

 

G20で話し合われるぐらい凄まじいチカラをもつリブラ

 

ここで折り合いがついたらリブラが登場します。

世の中がどう変わるのか。

 

今自分たちはそんな局面にいる情勢をリアルタイムで見ることができています。

ワクワクしませんか。

 

 

グローバル銀行はあくまでも通過点

ここがFacebook含めるリブラ教会の面白いところです。

グローバル銀行がはただの通過点でしかないんです。

 

世界銀行になるだけなら銀行とやっていることが同じです。

 

なぜfacebookなのか。

 

それはSNSと仮想通貨の相性は抜群だからです。

 

Facebookが目指している場所

それはリブラを使うことで得られるデータです。

 

データはお金になりますからね。

 

これがただの銀行と企業が連ねる銀行の違い

 

詳しくは次の記事で書いていきます。

 

 

 

まとめ

リブラが出回ることで世界がどう変わるのか。

また、リブラでお金の仕組みが変わること。

お分かりいただけましたか。

 

リブラによる影響

・グローバル銀行が誕生

・各国の通貨主権が変わる

・グローバル銀行は通過点

 

人々は昔からより便利な物を利用する

 

お金は昔貝だったという説がありますね。

物々交換→金貨銀貨→紙幣

 

間は省略していますが、この流れで変わっています。

 

価値の尺度・流通手段・価値の貯蔵

この3つの条件が揃って初めて価値がつきます。

 

紙幣よりも使いやすい物が世の中に出回り、それが便利なら普及します。

なぜなら歴史は繰り返すからです。

 

リブラでお金の仕組みが変えある瞬間が見られるかもしれませんね。

早くて2020年いは使えるかもしれません。

 

今からどんなことになるのか楽しみですね。

 

 

おすすめ記事

 

リブラととは何か

www.cabira-izumu666.com

 

 

お金の歴史について 

www.cabira-izumu666.com

 

投資の勉強におすすめの本 

www.cabira-izumu666.com

 

 江戸時代に学ぶ統治方法

www.cabira-izumu666.com