カビライズム

カビライズム

Facebookが開発するリブラ(Libra)はどんな仮想通貨か

スポンサーリンク

f:id:cabira:20191110181858p:plain


 

リブラ(Libra)って何!?

どうやって使うの?

 

こんな疑問を持っている人も多いはず。

ニュースで騒がれているリブラ(Libra)についてわかりやすく説明します。

 

Facebookが今後どんな展開をするのか。

自分が考えられる知識で考察もしていきます。

 

未来を知るのは楽しいですよね。

自分もリブラには期待しています。

 

・リブラ ってなんなの

・使うメリットはあるのか

Facebookは今後何をしたいの

 

 

この記事を読むと上記の内容がわかるはずです。

今後あなたもリブラを使うかもしれない

 

結論からいうと「Facebookはお金の概念を変える」ことになる恐ろしいことをやろうとしています。

 

遠くない未来についてワクワクしながら読んでいただけると嬉しいです。

 

また、「子供のために大人が勉強する3つの分野」でリブラを少し取り上げています。

あわせて読んでみてください。

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

 

 

 

リブラ(Libra)とは?

f:id:cabira:20191110181926j:plain

 

リブラFacebookによって開発された仮想通貨です。

2020年に発行されると発表されました。

 

Facebookやインスタグラムなどで利用できるようになります。

 

また、Libra協会(21社)が管理し開発を進めています。

誰もが一度は聞いたことのある大企業が団体となっています。

 

Libra協会は100社を目指しており、どんどん増えていくことが予想されます。

 

リブラ(Libra)公式サイト

Libra | A New Global Payment System

 

 

リブラはどこで使うのか

まだ詳しくは発表されていませんが協会がある以上、その同盟企業では使えるようになると思われます。

 

あとは個人間での取引に使えるようになるはずです。

リブラという通貨が誕生したら世界の金融の仕組みが変わるかもしれません。

 

では実際にどんな利用方法があるのか予想を含め解説します。

 

 

Facebook内での利用

仮想通貨の利点は個人間でどこの国にも関係なく送ることができます。

金融機関を通さないことで手数料も安い。

 

貧困国にとって国際送金の手数料は大きな問題

これが個人間で利用できるなら便利ですよね。

 

 

 

インスタグラムでの利用

Facebookに買収されたインスタグラム

投げ銭や物の購入などリブラでできるようになるはずです。

 

また、写真の著作権なども個人間で交渉し、リブラを支払うことでその写真が使えるようになるかもしれません。

 

その他リブラ協会企業

例えばSpotifyUberの料金がリブラで払えたり、他に新たなリブラを使ったサービスがどんどん出てくると思います。

 

協会企業だけでも利用者数が多く様々な国でグローバル的利用ができることがわかります。

 

 

 

リブラの価格は

今のところリブラの価格についてはわかりません。

わかっていることはステーブルコインであること。

 

ステーブルコインはドルや円のように値幅が少なく安定した通貨。

 

ドルや円は国家がバックにあるので価値が安定しています。

Libraは協会に大企業が多く、管理する企業が価値の担保になります。

 

これがリブラの特徴です。

価格が安定するなら使いやすい。

 

ビットコインみたいに価格の変動が大きいと利用したくないですよね。

 

 

 

リブラの今後の展開を考察

f:id:cabira:20191110181946j:plain

 

Facebookやリブラ協会の大企業はリブラを利用して何をしたいのか。

それは、銀行に変わる新たな仕組みを作ること。

 

銀行みたいに間を経由する機関がなければ手数料は安くなります。

また、〇〇PAYみたいに使いやすくなるはずです。

 

銀行よりはるかに楽で、スマホ1つで決済が可能になる。

 

送金履歴などはブロックチェーンで管理するので安全。

 

Facebook含めリブラ協会はグローバル銀行を企業団体で作ろうとしています。

 

紙幣こそお金でしょ

データに価値なんてない

 

 

そう思う人にはお金の歴史について書いています。

この記事をあわせて読んでみてください。

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

 

実際に利用者はいるのか

世界を巻き込んだグローバル銀行です。

絶対に利用する人はいます。

 

Facebookの月間アクティブユーザーは24億人弱

【最新版】2019年8月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

 

この驚異的な数字凄いと思いませんか。

 

日本の総人口は約1.3億人

統計局ホームページ/人口推計(令和元年(2019年)5月確定値,令和元年(2019年)10月概算値) (2019年10月21日公表)

 

全然規模が違うことが分かりますね。

 

出稼ぎに来ている外国人が個人間で家族に送るには最高のサービス。

手数料が安く、すぐに届く仕組みです。

 

 

リブラはいろんな通貨に変わる

なぜリブラが凄いのか。

それは各国の通貨に変えることができるから。

 

1.円をリブラに交換する

2.リブラを個人に送金

3.受け取ったら自国通貨に変える

 

 

この流れが可能になります。

銀行よりも便利に使えそうですよね。

 

また、リブラを使えるお店が増えて旅行先でリブラ払いができるのにその国の通貨にあなたは変えますか?

 

リブラで持ちますよね。

手間や両買手数料が無駄にかかりましね。

 

リブラ協会はこのフェーズまで持っていきたいのだと思っています。

 

もしみんながリブラ払いをするようになったらどんなことが起こるのか。

 

気になりますよね。

これについては次の記事で書きます。

 

 

 

まとめ

リブラについて説明しました。

今後の展開を考察すると面白いですよね。

 

ここまで読んであなたはどう感じましたか。

リブラについてどう思いましたか。

 

自分は次世代の通貨だと思っています。

もしリブラがダメだったとしても間違いなく次世代通貨は仮想通貨になると思っています。

 

人間は結局便利な物を使う

 

今までのお金という物の流れもそう。

ガラケースマホになった時もそう。

 

みんな便利が好きなんです。

 

2020年あなたはリブラを使ってるかもしれませんよ。

 

 

おすすめ記事

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com