カビライズム

カビライズム

外貨建て終身保険は投資!?投資と保険は分けた方がいいワケ

スポンサーリンク

f:id:cabira:20191122171435p:plain

 

あなたは保険で投資をしていますか。

自分の周りには「外貨建て終身保険」をやっている人がたくさんいます。

 

昼休みに会社に保険営業が来るような会社の人達が結構入っているように感じます。

 

若い内に入っておいた方がいい保険だ!」と教えてくれます。

 

「積立利率、年◯%保証」

「死亡保証があり投資より安心」

 

 

すごく魅力的な言葉で自分に伝えてきます。

保険の営業マンになれるんじゃないかと思える程です。

 

そんなにすごい「外貨建て終身保険

実際にどれほど凄いのか気になり調べてみました。

 

 

実際にお金が増えていくならすごく良いですよね。

 

「外貨建て終身保険が気になる」

「調べたけどわからなかった」

 

そんな人にできるだけわかりやすく書いていきます。

 

 

今回はメットライフ生命の保険

USドル建て終身保険のドルスマートS」を参考に書きます。

 

メットライフ生命さんに恨みなどはありません。

検索したら一番上に表示されたので参考にします。

 

また、お金は増やすのも大事ですが守るのも大事。

簡単に貯金ができる方法」と「お金の守り方」について以前記事にしています。

 

合わせてお読みください。

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

 

 

 

 

 

 

外貨建て保険とは

外貨建て保険は契約者が支払った保険料を保険会社が外貨で運用する貯蓄型の保険商品

 

払い済み後は解約もしくはそのまま運用してもらうことも可能。

また、死亡保証など各社いろんな特約をつけています。

 

資産を円だけでなくUSドルで保有することで円安やインフレのリスクにも備えられる

 

 

 

外貨建て終身保険の特徴

f:id:cabira:20191122162130p:plain

 

 

今回参考にする「ドルスマートS」

USドル建終身保険 ドルスマート Sのメットライフ生命

 

「積立利率最低保証年3%」

 

しっかり謳っていますね。

年利3%が最低保証って長期投資で考えたら本当に凄い商品です。

 

他の企業の外貨建て終身保険も最低利率を謳っていたりします。

 

やっていることは各社一緒ですね。

 

 

その他の外貨建て終身保険の特徴

・元本割れの場合は死亡保証

・円以外の通貨を保有できる

・為替リスクに備えられる

・特約がついている

 

 

 

 

ドルスマートSも三代疾病要介護になった時は支払いを免除してくれるそうです。

いろんな特約を付けお客さんのニーズあった保険にしていますね。

 

 

 

最低金利3%保証の意味とは

ドルスマートSで利率最低保証をしていますよね。

 

保険会社が謳っている利率は予定利率です。

投資などで増える年利回りとは意味が違います。

 

同じ3%でもその差は全然違います。

具体的にどう違うのか説明します。

 

 

 

予定利率とは

予定利率とは、保険料を設定するにあたって基となる前提の一つ。 契約者が支払う生命保険料の大部分は将来支払う死亡保険金や給付に備え、責任準備金として積み立てられている。

予定利率 - Wikipedia

 

最低利率3%で運用できたとしても、そこから保険会社の手数料が引かれます。

 

運用利率が3%で運用益はそこから手数料を引いた金額になります。

 

 

 

年利回りとは

投資した金額に対する収益割合を1年あたりの平均に直した数字。

 

例えば、元本100万円3年間で109万円になったとします。

利益の9万円投資期間3年で割ります。

 

すると1年あたり3万円増えたことになります。

100万円に対して年3万円増えたので年利回り3%

 

単利で計算していますがこれが利回りになります。

 

ドルスマートSを参考に予定利率と利回りをみていきましょう。

メットライフ生命さんにわかりやすい表があるのでそれを使って説明します。

 

 

 

実際のドルスマートSの利回りは何%か

f:id:cabira:20191122162157p:plain

 

条件:低解約返戻金プラン

被保険者

 契約年齢30歳男性

保険期間

 終身

保険料払い込み期間

 15年払込満了 

保険金額

 100,000USドル

月払い保険料

 227,80USドル

 

 

※1USドルは100円とする

 

USドル建終身保険 ドルスマート Sのメットライフ生命

上記の画像と条件はこのHPの「保険料の累計と解約返戻金の受け取り例」の項目を参考にしています。

 

毎月の支払いは227,80USドルなので22780円とします。

 

 

 

 

 

 

予定利率3%の結果

f:id:cabira:20191122163303p:plain

 

表を見みてください。

 

15年で約410万円払います。

20年で410万円 → 464万円 

 

これ年利3%だと思いますか。

 

実際に計算してみましょう。

 

年利回り3%の資産運用結果

f:id:cabira:20191122163250p:plain

複利効果シミュレーション|ファンド情報|投資信託・資産運用なら【さわかみ投信株式会社】

 

15年払いで想定利回り3%で運用した結果

元金410万円 → 516万円

 

ドルスマートSの画像は15年がないのでわかりにくいですね。

 

15年積み立てて410万円総額で支払います。

ドルスマートSの累計払込額をみても20年から40年までは変動がないですよね。

 

保険会社で運用したら

20年で410万 → 464万円

 

実際に利回り計算してみたら

15年で410万 → 516万円

 

差額は52万円です。

 

しかも、15年の利回りより20年の年利回りの方が低い

 

保険会社の方が5年も多く運用してくれているのにリターンが少ない

 

これが予定利率です。

 

詳しくはこちらに書いてます。

予定利率は予定利回りではない ~知っておきたい保険の基礎知識~ | マネーの達人

 

 

なぜさが生まれるのかについては保険会社は民間企業だからです。

 

 

 

利回りの差額はどこに消えたのか

保険会社も企業なので売り上げや利益などが当然あります。

保険料の決め方ってわかりますか。

 

・予定死亡(発生)率

・予定利率

・予定事業比率

 

 

この3つで保険料が決まります。

 

保険加入者の全体で何人が死亡するか

また、保険での運用益。

 

事業の売り上げや店舗や人件費など維持費等の経費を合計して保険料が決まります。

 

つまり本来利回り3%でいたとしても手数料で取られます。

 

先ほどの差額52万円が手数料だと思ってください。

 

3%で運用した利益から手数料が持っていかれる。

投資信託などに比べて手数料が高すぎですよね。

 

そしてその手数料は開示していません。

投資信託などは手数料をしっかり開示しています。

 

これが外貨建て終身保険のカラクです。

 

保険で投資をするのは元本割れしても特約保証があるから安心かなと思って悩んだ時期はありました。

 

そんな時ある本に出会いました。

 

「保険でお金を増やす」はリスクがいっぱい

 

この本にを読むと保険の選び方がわかります。

紹介された保険が本当に良い商品なのかどうかをその場で考えることができるようになると思います。

 

保険に入ろうと思っている方は正しい知識を身に付けられるのでおすすめですよ。

 

 
 

まとめ

外貨建て終身保険について調べてみましたがいかがでしたか。

投資における手数料って大事だということがわかったと思います。

 

利回りを気にする人は投資信託など手数料が低いところでやることをおすすめします。

 

また、メットライフ生命さんのドルスマートSが悪いとかそんなことではありません。

あくまでも今回の計算の参考にさせていただきました。

 

実際に外貨建て終身保険に向いている人もいます。

 

外貨建て保険はこんな人におすすめ

・死亡保証が欲しい

・元本割れの保険が欲しい

・安心して任せたい

・証券口座の開設が面倒

 

 

こんな人には外貨建て終身保険が向いていると思います。

 

自分は投資と保険を分けて考える選択をします。

 

あなたが投資をする上での選択のひとつになると嬉しいです。

 

 

 

おすすめ記事

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com

 

 

www.cabira-izumu666.com